HOMEヨガについて

ヨガについて




 ヨガはインドに生まれて六千年という長い道程を経て、現在に伝えられています。それは人間の心のひだを見つめ、心の一番奥にある真我にふれるための高い啓示を伝える偉大な道です。「ヨガ」という言葉は、調和・バランス・統一・結ぶの意味をもっており、世界で最も古い修業・修行法であり、幸せを得るための行法ともいえます。
 
 ヨガは生活を中心にした実践哲学なので、生活の中からの実践体験を通じ、自然の法則を把握し、その真理を生活に生かしていくことができます。私達は皆、心地よく精一杯に生きたいと願っています。そのためには、自分を広範囲に使うこと、心と体の全力を集中してやること、時間を上手に使い、休みすぎないことなどです。


 古来、筋肉を硬くしないことが健康のコツ、心を硬くしないことが長生きのコツといわれています。生の働きは、異なった2系統の力が協力して一つになっているものです。縮む力とのびる力、建設と破壊、生産と消費などです。これが、一方だけ働くと歪んでしまいます。バランスを保つ統一点が丹田です。肝をつくるとも言います。 人間は考える動物なので、どうしても緊張‐縮む方に傾きがちです。筋肉の緊張と神経の興奮度は一致していて、この反対の状態をつくりださねばなりません。筋肉を偏った使い方をしないで、平等に全筋肉を使う。休む時は全身をくつろがせる工夫をする。  
 この基本が呼吸にあります。正しい姿勢は正しい呼吸ができます。自分自身の生命力をさらに目覚めさせ、心身をコントロールするためには、正しいアーサナ(ポーズ)と呼吸を行うことによって、心身の統一力(丹田力)を高めることが出来ます。ヨガの体操をすると心が落ちつくといわれるのは、血が清まり呼吸が深くなり、神経が静まるからです。体操といっても心のためでもあるのです。


 人間の身体は、部分でなく全体で働いているので、部分を鍛えても全体のバランスは鍛えられません。スポーツのやり過ぎ、仕事のし過ぎで異常が起こることはありません。無理とは、歪んだまま偏ったまま行うから起こることです。身体は本能的に無理をさせないようにしています。ノイローゼは頭の使いすぎではなくて、休み方、忘れ方の欠乏です。上手に休めることが大切で、精神統一・瞑想をすると内からファイトがでてきます。
 
  ヨガでは身体の栄養物だけでなく、心の栄養物、霊(エネルギー体)の栄養物が必要と考えています。これらはお互い助け合って力を発揮するのです。食べ物自身に善悪、良否があるわけでなく、自分への要不要、不適、過不足などが、善悪・良否をつくるのです。自分に適した物でも量 が多ければ害になります。ヨガの断食、自己浄化法を体験すると、本能的に自分に適した質と必要なだけの量 を求め、そうでないものを拒否する働きのあることに気がつきます。
 
 生命の働き、内在智の存在です。この知恵と働きを呼び起こし、その指示に従うことが、自分にとって一番正しい方法なのです。


 ヨガの最終目的は瞑想です。瞑想とは、自分の生き方を、生活のすべてにおいて広く深く感じ、考えていく方法です。自分のことは自分が一番良く知ってると思われるでしょうが、残念ながらそうではなく、自分でもふだん、意識していない部分が存在するのです。表面 の意識よりも深い部分に眠っている潜在意識をさぐり、自分の知らなかった部分を見つけるのが瞑想であり、その潜在意識は本当の自分、真我を知っているのです。
 
 心の中には、自分自身のすべてが含まれています。それ故、悩んでいるとき、迷ったときに、自分の心に問いかけて下さい。真理はあなたの心の中に在ります。




ヨガは、インドに生まれて六千年という長い道程を経て、現在に伝えられています。それは人間の心の構造を見つめ、心の一番奥にある真我(神との合一)にふれるための高い啓示を伝える偉大な道です。「ヨガ」という言葉は、調和・バランス・統一・結ぶの意味をもっています。世界で最も古い修業・修行法であり、幸せを得るための行法ともいえます。 ヨガの行法を部分的に行うのではなく、毎日の生活の中の一瞬一瞬をヨガ行法として総合的に取り組む「生活ヨガ」を私共では提唱しています。 誰でもいつでもどこでも取り組む気持ちがおこったときが「ヨガ」のスタートなのです。これが神からいただいたご縁と感受することが最も大切です。  
 
「人生最大の不幸事は病気である」「病気の最大の治療は予防である」と、気付く人が増えてきました。
 
 
ヨガは、自分でできる健康管理法としては最適のもので、自然治癒能力をひきだしていくわけです。健康、美容、整体、痩身、内蔵強化、呼吸法、精神力強化法、東洋医学のツボ療法、瞑想等、幅広い範囲で学んでいただきます。 年令、体力にあわせて個性を大切にしながら行なうヨガで、確実に効果 をあげていくので、毎日が楽しみ。職場の人間関係もスムースになり、集中力もつくので仕事の能率向上に重要な役割を果 たすでしょう!
 
私たちの生活の中には、普段気づかないくらいの細かいストレスがたくさんあります。大きなトラブルやショックは、それなりに心構えができているために、意外とココロにダメージを与えることは少ないといわれていますが、その細かいストレスは、知らないうちに積み重なって、私たちの心を傷つけています。 ヨガをすることで、溜まったストレスを開放し、血流の流れ、気の流れを正常に戻します。自律神経を刺激するので、潜在的な回復能力が正常に働き、心の健康を取戻すことができます。
 
ダイエットは難しいとお考えの方に、ぜひヨガをおすすめします。週に1〜2回のヨガを続けることで、無理なく自然な形で美しく身体を整えていくことができます。 ヨガクラスで多くの人が、2キロ〜10キロの減量に成功されています。  
 

■ストレスのない安定したダイエット
甲状腺ホルモンを刺激することで、体質が変わって、太りにくくなります。 脊椎=自律神経を刺激するので、精神的に安定してあまりイライラしなくなり、過食がなくなります。そして、ヨガ骨盤矯正法を使うと、骨盤が締まるので、リバウンドせずに痩せてゆきます。

■しっかり食べて健康にダイエット
呼吸法も、横隔膜を上げて内蔵を引き締めるので、内臓に余分な脂肪がつかなくなり、すっきりとした身体に変化してゆきます。さらに体が本当に必要としているものだけ食べたくなるので、食べ過ぎやジャンクフードを食べることも自然に減ります。そして、代謝が良くなるので、健康にダイエットできます。

 
     
 
このページのトップへ