2017年沖ヨガ国際キャンプ 2017年5/12~14

千葉県誉田にあるリソルの森という緑いっぱいの施設でのヨガ合宿で講師を務めさせていただきました。

 考えたテーマは「見神の心とは」
 それは、すべてのことを神の愛(仏の慈悲)のあらわれとして、八百万の神からのたまわりものとして、受け取るという
 考え方です。
 ストレスの多い社会ですが、その原因の一つとして人間関係があります。
 その解消法に心や体を緩めて相手の中に、すべての中に、神を見る=見神=練習としてのヨガ行法を提案させていた
 だき、アサナの中で「ユニテイヨガ」を体験していただいたのですが、二人のペアが深い一体感につながり、潜在意識に
 到達していくあたりでは、会場には深いしずまり〜になっていきました。

 久しぶりに、沖ヨガの古い講師の方々とお会いできて、またパワーアップできたようで、嬉しい3日感でした。

   
     


このページのトップへ