1月22日 第10回日本総合ヨガ普及協会総会セミナー

「龍村修先生 沖導師に頂いた教えと沖ヨガ修正法実技指導」(会場:大阪国際会議場10階)

 全国各地から総勢100名が参加した、熱いヨガ時間となりました。
 前半の90分は、ヨガとは、仏性とは、丹田とはを切り口にお話を頂きました。
 現代のヨガは技術中心で、このポーズをすればこんな効果があるといった風に非常に直線的に結果だけを求めてしま
 うものになってしまっていることがとても残念というお話からスタート。
 沖先生が提唱された「求道ヨガ」は、ただコツコツとポーズを続ければいいということではなく、ヨガという方法を用い
 てカラダからその都度得た知から、さらに創発をしていき、その時の自分のカラダに適したヨガを試していくこと。
 これが、「1人1ヨガ」につながっていく。
 このことをしっかりと念頭に置いてヨガ指導にあたっていってください、という言葉が参加者のみなさんの心に深く沁み
 わたっていきました。

   
 後半の90分は、お待ちかねの「修正法の実践」へ。
 参加者の中から、龍村先生が提示した動きをしにくい方をモデルに選び、次々と繰り出される修正法で見事に!
 カラダが軽やかな動きに変化していくのを目の当たりにし、即ペアで実践し体感し、「すごい!」と感動の連続となりま
 した。

 「変化・安定・バランス」
 いつでもカラダは変化を望んでいて、それをヨガで気づき意識化し、カラダが喜ぶ方へ協力していくこと。
 「ヨガとは・・・?」を改めて問い直すとてもよい時間になったのではと思います。

 ご参加のみなさま、ありがとうございました。
   
 


このページのトップへ